遺言書の書き方

遺言は、遺言の種類に応じて法律で書き方が定められています。

自筆証書遺言

・日付、氏名、全文を自筆で書く
・捺印は認印や拇印でも可(実印が望ましい)
・縦書き横書きは自由、筆記具も自由、用紙の制限もなし
・加除訂正する時は、訂正個所を明確にして、その個所に捺印の上署名

公正証書遺言

・証人2人以上の立会いのもと公証人役場へ出向く
・遺言者が遺言の内容を公証人に口述する(聴覚・言語機能障害者は、手話通訳による申述、または筆談により口授に代えることができます)
・公証人がその口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させる
・遺言者および証人が筆記の正確なことを承認したうえで、各自が署名捺印
・公証人がその証書を法律に定める手続きに従って作成されたものである旨を付記して、これに署名捺印

秘密証書遺言

・遺言者本人が遺言を作成し記名押印する。
・遺言の自筆と日付の記入の必要なし
・ワープロや、代理のものに筆記をさせても良い
・証書を封印
・公証人と2名の証人の前で遺言人が封書を提出し、自らの遺言であることを宣言
・代筆者がいる場合はそのものの住所氏名も述べる
・公証人により遺言者の述べた事項と日付が記入される
・遺言者、証人が確認の記名押印
・保管は公証役場ではなく遺言者により行われる
・開封時は家庭裁判所における検認が必要