遺言執行者とは?

遺言執行者とは?

遺言執行者とは、遺言の内容を実行するために選任された人で、相続人の代理人となります。遺言により遺言執行者が指定されている場合または遺言執行者指定の委託がある場合は、遺言執行者が就職し、直ちに任務を開始します。子の認知・相続人の廃除およびその取り消しを除き、遺言執行者がなくても相続人が遺言の内容を実現することは可能ですが、手続を円滑に進めるためには、遺言執行者を指定しておく方がよいと言えるでしょう。遺言執行者は、未成年者及破産者以外であれば相続人でもなれます。遺言執行者に指定された者は就任(就職)を承諾するかどうかは自由であり、また、指定された者が先に死亡する場合もあるので遺言で指定する場合はその点を考慮に入れる必要があります。遺言によって、遺言執行者が指定されていない場合でも、遺言執行者が必要な場合は、利害関係人の請求によって、家庭裁判所が遺言執行者を選任します。遺言の執行は、行政書士・司法書士・弁護士の他、信託銀行でも遺言信託と称して遺言執行サービスを提供しています。