遺産分割協議書の作成方法

遺産分割の方法

(1)現物分割
現物分割とは、遺産の全部または一部をそのまま(土地なら土地のまま、株式なら株式のまま)相続人に配分する方法です。

(2)代償分割
代償分割とは、ある遺産(不動産や株式など)を現物で取得した相続人が、法定相続分以上の財産を取得する代わりに、他の相続人たちに自分の金銭を支払う方法です。

(3)換価分割
換価分割とは、遺産の全部または一部を売却して、その代金を分割する方法です。

遺産分割の手続

(1)指定分割
指定分割とは、被相続人が遺言によって指定した方法により遺産を分割する方法です(民法908条)。

(2)協議分割
協議分割とは、被相続人の遺言による指定がない場合や遺言による指定があったとしてもそれと異なる分割をしたい場合に、相続人全員の協議・同意で行う遺産分割をいいます(民法907条1項)。

(3)調停分割・審判分割
相続人全員の協議がまとまらないときは、各相続人はその分割を家庭裁判所に請求することができます(民法907条2項)。家庭裁判所では、まず「調停」を行い、調停が成立しないときに、「審判」により分割を行います。

遺産分割の方法

遺産分割の期限

遺産は、被相続人の死亡と同時に自動的に相続人に移転しますが、そのままでは相続人たちは、相続財産全体を共有財産として所有しているにすぎません。個々の財産を各相続人の所有とするためには「遺産分割」をして、名義を各相続人のものに変える手続きが必要になります。
遺産の分割には決まった期限はありませんが、相続税の申告までに遺産分割が決まらないと配偶者の税額軽減の特例や小規模宅地などの評価減の特例が受けられないことがあり、そのときまでに分割しておいたほうがよいのです。