遺言による遺産分割

遺言による遺産分割

相続人が多数いる場合や財産が多額の場合には、遺産分割のときに相続人間でトラブルを起こす可能性が高くなります。このようなトラブルを未然に防ぐための手段として遺言の活用が考えられます。
指定分割とは、被相続人が遺言で分割の方法を定めることができる分割です。ただし、遺産分割の当事者全員の同意があれば、被相続人の指定した方法と異なる協議による遺産分割もできます。