遺産分割審判による遺産分割

遺産分割審判による遺産分割

遺産分割調停により話し合いがまとまらず調停が不成立になった場合には、自動的に審判手続が開始されます。家事審判官(裁判官)が、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して、審判をすることになります。