相続人は誰?

相続人調査

誰が相続人になるか?については民法で定めていて、この相続人になる人を「法定相続人」といいます。この法定相続人を特定させるには、被相続人の戸籍を出生から死亡時までさかのぼります。

相続人の種別とその順位

法定相続人は下記の表の通り、相続する権利の順番が決まっています。
 「配偶者」(配偶者はいつでも相続人になりますが、内縁関係は除きます)
 (第1順位)子供(子が先に死亡している場合は、その子である孫)
 (第2順位)第1順位がいなければ父母(親が死亡し、祖父母がいる場合は祖父母)
 (第3順位)第2順位もいなければ兄弟姉妹(兄弟姉妹が先に死亡している場合は、その子である甥・姪)

相続人の種別とその順位