カンタン相続税試算

相続税の計算方法の流れ

相続税の計算方法は以下のような手続きになります。

Ⅰ各人の課税価格の計算

相続や遺贈により財産を取得した人ごとに、本来の相続財産とみなし相続財産を把握して、そこから非課税財産に該当するものと被相続人の債務や葬式費用を差し引きます。そして、相続人が相続開始3年以内に被相続人から贈与された財産があれば、その贈与財産を加算します。ここで求められたものを課税価格といい、各人のこの課税価格を合計したものを課税価格の合計額といいます。

相続税の課税価格
=(相続財産の価格-非課税財産-債務葬式費用)+相続開始時3年以内の贈与財産 

Ⅱ各人の相続税額の計算

次に、課税価格の合計額から遺産に係る基礎控除額を差し引いて課税遺産総額を求めます。そして、遺産を実際に相続人間でどのように分割したかに関係なく、課税遺産総額を法定相続人が法定相続分に応じて取得したものと仮定して各法定相続人の仮の取得金額を計算し、この各法定相続人の仮の取得金額にそれぞれ相続税の税率を掛けた金額を合計します。この金額を相続税の総額といいます。

相続税の課税遺産総額=相続課税価格の合計-相続税の基礎控除額

Ⅲ各人の納付税額

最後に、相続税の総額を誰がいくら税務署に払うかを決めます。自分が相続により取得した財産の額に応じて負担する税額が決まり、各納税者の個人的事情を考慮した加算、控除等を行い、実際に各人の納付税額が決定します。

相続税の計算方法の流れ

相続税の基礎控除額

相続税の基礎控除額は、次のように求められます。
基礎控除額=5000万円+1000万円×法定相続人数

相続税の総額

課税遺産総額を法定相続人がその法定相続分で取得したものと仮定して、各法定相続人の仮の取得金額を算出し、それぞれ相続税の税率を適用して各法定相続人の仮の税額を算出します。

各法定相続人の仮の税額=各法定相続人の仮の取得金額×税率-控除額

速算表

各法定相続人の仮の税額の合計が、相続税の総額となります。

各人の算出税額

相続税の総額は、相続により財産を取得した人全員が負担すべきトータルな税額を示したものです。そこで、各人がどれぐらい税額を納めるかを計算します。この計算は、課税価格の合計額に占める各人課税価格の割合である按分割合に応じて、納税の税額の各人の負担すべき算出税額が決まります。

各人の按分割合=各人の課税価格÷課税価格の合計額
(按分割合は少数第2位まで算出し各人の割合の合計額が1になるように調整します)

各人の按分割合に相続税の総額を乗じて、各人の算出税額が出てきます。
各人の算出税額=相続税の総額×各人の按分割合

各人の納付税額

各人納付税額は、上記で計算された各人の算出税額をもとに下記の個人的事情がある場合は、加算・控除をした金額を最終的に納付することになります。

①相続税の2割加算
被相続人の兄弟姉妹や、代襲相続人ではない被相続人の孫などが財産を取得した場合は、2割算出税額が加算になります。

②配偶者の税額軽減
配偶者は、法定相続分又は1億6000万円以下の財産の取得であれば、税金はかかりません。
配偶者の税額軽減額
=相続税の総額×(AまたはBのうちいずれか少ない金額÷相続税の課税価格の合計)
 A 相続税の課税価格の合計額のうち配偶者の法定相続分と1億6000万円の多い方
 B 配偶者が実際に相続により取得した財産の価額

③未成年者控除
20歳未満の法定相続人がいる場合は、税額から次の金額が控除されます。
6万円×(20歳-相続開始時の年齢)

④障害者控除
障害者である法定相続人がいる場合は、税額から次の金額が控除されます。
6万円(特別障害者は12万円)×(70歳-相続開始時の年齢)

⑤贈与税額控除
<相続開始時3年以内の贈与>
相続財産に加算された贈与財産に対する贈与税は、税額から控除されます。
<相続時精算課税制度>
相続時精算課税制度によって贈与された場合は、税額から控除されます。また、税額から控除しきれない贈与税額があれば、その税額は還付を受けることがあります。

⑥相次相続控除
10年以内に続けて相続があると、2回目の相続では1回に払った税額の一定額を控除できます。

⑦外国税額控除
外国に財産を持っている場合に、外国で税金が課せられた時は、日本で払う相続税額から控除できます。

(事例)妻一人、子二人(1人は18歳の未成年)

夫の財産は2億と、ローン残額が5000万、葬式費用が200万かかり、遺産分割の結果、妻には5分の2、残りをそれぞれ子供たちに財産分与した場合

①まずは、相続税の課税価格を求めます。
相続税の課税価格の合計額 2億-5000万-200万=1億4800万

②次に課税遺産総額を求めます。
課税遺産総額 1億4800万-(5000万+3000万)=6800万

③相続税の総額の計算をします。
まず法定相続分で按分します。
妻 6800万×2分の1=3400万
子 6800万×2分の1×2分の1=1700万
子(18歳)6800万×2分の1×2分の1=1700万

次に相続税の納額の基礎となる税額を計算します。
妻 3400万×20%-200万=480万
子 1700万×15%-50万=205万
子(18歳)1700万×15%-50万=205万
相続税の総額 480万+205万+205万=890万

④それぞれの納税額の算出額を計算します。
妻 890万×5分の2=356万
子 890万×10分の3=267万
子(18歳)890万×10分の3=267万

⑤最後に各人の控除できる場合を計算します。
妻は配偶者控除を適用できますので、納付税額は0となります。
子は267万の納付税額となります。
子(18歳)は未成年者控除を適用して、
267万-6万×(20-18)=255万の納付税額となります。