よくある質問(Q&A)

遺言の種類にはどのようなものがありますか?

遺言には3種類があります。①自筆証書遺言 ②公正証書遺言 ③秘密証書遺言とがありますがほとんどが①自筆証書遺言か②公正証書遺言が利用されます。
①自筆証書遺言とは自分で全文・日付・氏名を記載し押印しなければなりません。作成に費用がかかりませんが、形式不備により無効とされる可能性があります。また、紛失したり、改竄されるおそれもあります。
②公正証書遺言とは、遺言書を公正証書にして公証人役場に保管してもらう方式です。遺言書の原本は公証人役場に保管されるので、遺言書を破棄されたり、改竄されるおそれはありません。また、相続開始の際に家庭裁判所の検認が必要ありませんが、費用がかかり、作成の際に証人が必要になります。
どちらも一長一短がありますが、安全性を重視するのであれば公正証書遺言を選択するのが賢明であります。

よくある質問一覧に戻る

関連する質問

無料相談はこちら