代襲相続とは?

相続人となるべき人が被相続人の死亡前に亡くなっているときは、その人の直系卑属(子・孫)が相続人になります。これを「代襲相続」といいます。代襲相続は本来相続人となるべき人の、いわば身代わり相続ですので、子が先に死亡し、孫が相続人となった場合のその孫は、子と同じで第1順位の相続人とみなされます。なお、兄弟姉妹についても代襲相続が生じる場合があり、この場合は死亡した兄弟姉妹に代わりその子(甥、姪)が相続人になります。