相続回復請求権とは?

相続回復請求権とは?

相続回復請求権とは、相続欠格者や本来相続人でない者が遺産の管理・処分を行っている場合に、遺産を取り戻すことができる権利のことをいいます。相続回復請求権はこれを包括的に行使でき個々の財産を具体的に列挙して行使する必要はありません。相続回復請求権は相続人またはその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは、時効によって消滅します。また、相続開始の時から20年を経過したときも消滅します。