指定相続分と法定相続分

指定相続分

指定相続とは、相続人が何人もいる場合に、被相続人が遺言によって特定の相続人または全員の相続分を指定することができるという制度です。被相続人が各人 にどれだけの財産を与えたいかを考えるのは当然の心理といえます。そこで遺言書の内容は、法定相続分などに優先します。

法定相続分

遺産を分けることを「遺産分割」といいますが、その分割する割合を民法で定めた相続分を「法定相続分」といいます。ただし、この法定相続分に必ず従う必要はなく、相続人全員で話し合いがつけば「遺産分割協議」による分割もできます。

相続人の種別とその順位