遺留分とは?

遺留分とは?

法定相続人(被相続人の兄弟姉妹は除きます)には、たとえ遺言で相続できないと記されていても一定の割合の遺産相続ができるように民法で定められています。これを「遺留分」といいます。

慰留分とは?

遺言で遺留分を侵害していた場合

遺言で遺留分を侵害していた場合は、遺留分を持つ法定相続人が「遺留分の減殺請求」を行うことにより、侵害された額までは部分的に遺言の効力をなくすことができます。減殺の請求は相手方に「減殺する」という意思表示をすればよく、一般的に内容証明郵便で行います。遺留分の減殺請求の期限は、遺留分を侵害されていることを知ってから1年以内です。ただし、相続開始から10年経てば請求はできまん。