特別受益、寄与分とは?

相続財産の分割を考える上で、特別受益者、寄与分という制度があります。特別受益者も寄与分も相続財産の分割について共同相続人間で実質的な公平を図る制度ではありますが、財産に対して何らかの行為を受けたか行ったかという違いにより、両者は分かれます。

特別受益

共同相続人中に被相続人から特別受益を受けた者については、相続における実質的公平を図るため、特別受益の部分を相続財産の前渡しと見なして相続開始時の財産価額に加えて「みなし相続財産」として計算します(特別受益の持戻し)。なお、特別受益には次のようなものがあります。

・遺贈
・婚姻のための贈与
・養子縁組のための贈与
・生計の資本としての贈与

寄与分

共同相続人中に被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をした者については、相続における実質的公平を図るため、相当額の財産を取得させる寄与分の制度が設けられています。なお、寄与分には次のようなものがあります。

・特別の家事(通常の家事は除く)
・被相続人の事業に対する労務の提供
 (提供した労務に相当する報酬を得ていた場合は認められない)
・財産上の給付・被相続人に対する扶養や療養看護
 (夫婦間の協力義務や、親族間の扶養義務などの範囲で行なわれる行為は特別の寄与には該当しない)