相続放棄の手続

相続放棄の手続

相続の放棄をするためには、相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して書面(相続放棄申述書)をもって放棄の申述をしなければなりません。(民法915-1・938条)

家庭裁判所で申述が認められると、放棄者に対して「相続放棄申述受理証明書」が交付されます。
(注)熟慮期間の延長の可否
相続財産の内容が複雑であり、債務の存在や金額を確認するために相当な期間を要すると見込まれたりすることなどの理由がある場合には、相続の開始から3ヶ月以内に家庭裁判所に請求することにより、その期間を延長することができます(民法915-1ただし書)

家庭裁判所に申述する法的な相続放棄と同じ効果を生じさせる方法として、次の2つがあります。
1) 他の相続人とともに遺産分割協議に加わり、遺産を取得しない方法
2) 被相続人から生前に特別受益としての贈与を受けているため、相続分がない旨を書面(特別受益証明書)によって陳述する方法