相続時精算課税制度とは?

相続時精算課税制度とは?

相続時精算課税制度とは、生前贈与財産について贈与税を2,500万円まで無税にする代わり、相続発生時にそれまでの贈与財産を相続税の対象に含めるというもので、生前贈与を促進するために設けられた制度です。一般の精算課税と住宅取得資金に限定した精算課税の特例があります。

相続時生産課税制度