相続用語解説

遺言

遺言とは、相手方のない一方的かつ単独の意思表示であり、遺言者の死後の法律関係を定める最終の意思表示であり、その者の死亡によって法律効果が発生するものです。
遺言には、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言・危急時遺言・隔絶地遺言の5種類の方式があります。遺言の種類にかかわらず、主に遺言者の財産について誰が何を相続するかについて書かれています。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら