相続用語解説

遺言執行者

遺言の内容には、相続人の廃除や遺贈など、実現のために一定の行為を必要とするものがあり、その行為をする職務権限を持つ者が遺言執行者です。
遺言で指定される場合、遺言で指定を委託された者から指定される場合、利害関係人の申し立てにより家庭裁判所から選任される場合があります。
遺言執行者は相続人の代理人とみなされ、遺言執行者がいる場合には、本人である相続人であっても相続財産の処分など、遺言の執行を妨げる行為はできません。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら