相続用語解説

遺言代用信託

委託者が、財産を受託者に対し信託し、委託者の生存中は委託者が受益者になって、信託した財産から生じる利益を受け取り、委託者の死亡後、指定された受益者がその利益を受け取ることが出来るようにしておくものをいいます。
委託者には、受益者指定権・受益者変更権があり、受益者の同意を得ることなく受託者との合意により、いつでも信託を終了させたり、受益者やその他の契約を変更したりすることができます。
委託者が自分を扶養してくれる者を死亡後の受益者として信託を設定したが、その受益者が扶養をしてくれなくなった場合には別に扶養をしてくれる者を受益者にするというように、遺言代用信託は、扶養を実現させるという観点から有用性が認められていると言えます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら