相続用語解説

遺言能力

遺言の内容・結果を判断しうる意思能力があれば単独で有効な遺言をすることが出来る能力のことをいいます。民法961条は「15歳に達した者は、遺言することができる。」と定めています。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら