相続用語解説

延納

相続税は、原則として相続の開始から10ヶ月以内の現金による一括払いが原則です。しかし、一括で支払うことが出来ない場合に、次の要件を全て充たすことで延納することができます。
①納付すべき税額が10万円を超えること
②納付期限までに又は納付すべき日までに金銭で一時に納付することを困難とする事由があること
③必要額を満たす担保を提供すること
④納税期限又は納付すべき日までに必要書類を添付して所轄税務署に延納申請書を提出すること
延納できる期間及び利子率は、延納申請者が取得した相続財産における不動産の割合による。また、支払い方法は年1回の元金均等払いである。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら