相続用語解説

非嫡出子

非嫡出子とは、法律上の婚姻関係にない男女間で生まれた子のことです。嫡出子でない子ともいわれます。母の戸籍に入り、母の氏を名乗ることになります。父親に認知されることで、法律上の父子関係が生まれ、父親の財産を相続する権利を持つことができます。しかし、相続分は嫡出子の2分の1とされており、憲法の平等原則に反するのではないかという批判があります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら