相続用語解説

秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、①遺言者が証書に署名押印し、②遺言者が証書を封じ、証書に用いた印章を持ってこれに封印し、③遺言者が公証人1人と証人2人以上の前に封書を提出して自己の遺言書であること・氏名・住所を申述し、④公証人が証書提出日と遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者と証人2人で署名押印することで作成される遺言のことです。
遺言書の存在は明かしつつ、内容は秘密にして偽造を防止することができる遺言ですが、あまり利用されていません。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら