相続用語解説

法定相続人

法定相続人とは、民法上相続人になれる人のことで、被相続人の配偶者と被相続人の血族関係者で一定の者が相続人になれます。ただし、血族関係者は順位がきまっており、
第1順位:被相続人の子、孫など「直系卑属」
第2順位:被相続人の父母、祖父母など「直系尊属」
第3順位:被相続人の兄弟姉妹
の順番になっています。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら