相続用語解説

法定相続分

共同相続の場合に、各相続人が全相続財産の上に持つ承継の割合のことを相続分といいます。相続分はまず被相続人の遺言による指定相続が優先され、指定がない場合に法律の規定により相続分が決まります。これを法定相続分といいます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら