相続用語解説

危急時遺言

危急時遺言とは、死期が迫り署名押印できない遺言者が口頭で遺言をし、証人がそれを書面化する遺言の方式のことです。病気などで死の危急が迫った場合にする一般危急時遺言と、船舶が遭難しその船舶の中で死の危急が迫った場合にする船舶危急時遺言があります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら