相続用語解説

寄与分

寄与分とは、共同相続人中のある者が被相続人の財産の維持や増加に特別な寄与(貢献)をしながら生存中にその対価・補償を得ていなかった場合に、その貢献度を考慮した相当額の財産の取得を認めるという制度です。
寄与分の額は基本的には相続人同士の協議で決めますが、協議が調わないときには寄与者が家庭裁判所に調停・審判の申立を行って決定してもらうこともできます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら