相続用語解説

契印

1個又は一連の書類が数ページ又は数個の書類からなる場合に、その確認のためにつづり目や継ぎ目に印章を押す行為、又はその印影のことをいいます。
公正証書遺言を作成した場合に、遺言が数ページにわたるときに公証人がページの継ぎ目に押す印が、この契印にあたります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら