相続用語解説

血族

血筋のつながっている血縁者(自然血族=親子、兄弟など)及び法律上血縁者と同様に扱われる者(法定血族=養子など)をいいます。民法上、6親等までの血族が親族に入るとされています。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら