相続用語解説

限定承認

限定承認とは相続によって得たプラスの財産の範囲内で債務を弁済し、財産が残ればそれを相続するという方法です。負債超過の場合に、相続した資産の範囲内で借金を返済すればよく、相続人自身の財産まで弁済に当てる必要はありません。
限定承認をする場合の方法は、自己のため相続の開始を知った時から3ヶ月以内に財産目録を作成して、相続人全員で家庭裁判所へ申述書を提出しなければなりません。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら