相続用語解説

公正証書遺言

公正証書遺言とは、公証人役場で、証人2人以上の立会いの下、遺言内容を公証人に口述して筆記させ、遺言者及び証人が署名・押印し、公証人が、その証書が方式に従って作ったものである旨を附記し、署名・押印することで作成されます。
公正証書遺言は、公証人役場に保管されるので紛失の心配がないこと、公証人が作成するので形式的な不備により遺言が無効となることが少ないことなどがメリットとされます。一方、公証人に支払う手数料がかかること、遺言内容を他人に知られることなどがデメリットです。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら