相続用語解説

みなし相続財産

みなし相続財産とは、本来被相続人の財産ではないが、被相続人の死亡を原因として相続人に支払われる生命保険金や損害保険金など、被相続人が保険金を負担していた契約については、相続税法上相続財産とみなして相続税を課すことにする制度のことです。なお、生命保険金などは民法上の相続財産ではないので、遺産分割の対象となる財産には含まれません。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら