相続用語解説

名義預金

名義預金とは、形式的には被相続人の名義ではなく、被相続人の配偶者や子の名義になっていますが、その通帳の名義はただ単に配偶者や子の名義を借りているだけであり、実質的には被相続人の名義であると認定されるものをいいます。相続が発生した場合には、その名義預金が相続財産として課税されることになります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら