相続用語解説

持戻免除

被相続人から生前贈与や遺贈など特別受益を得ていた場合に、その価額を相続財産に加算して各相続人の具体的相続分を計算しますが(特別受益の持戻)、被相続人が遺言などでこの特別受益の持戻をしないという意思表示をしていれば、その意思表示に従うことになります。これを特別受益の持戻の免除といいます。
すなわち、特別受益が遺贈である場合にその遺贈を除く財産だけを対象にして、法定相続分に従い遺産を分配することになります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら