相続用語解説

二次相続

二次相続とは、夫婦の一方が死亡してその配偶者とその他の相続人が相続した後、夫婦の一方から相続を受けたその他の相続人が死亡した場合に、そこからさらに相続されるということです。
例えば、夫Aが死亡して妻Bと子CがAの財産を相続したとします。ところが、BとCとの間で遺産分割協議が成立しない間にCが死亡した場合、Cに子D、EがいるとD、Eが被相続人Aの相続人である地位をCから承継することになります。このように、被相続人Cについて開始した相続のことを二次相続といいます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら