相続用語解説

認定死亡

認定死亡とは、水害・地震・飛行機事故などにより死亡したのは確実であるが、遺体が出てこないという場合に、その取調べを行った警察署などの官公署が死亡地の市区町村に死亡を報告し、戸籍上死亡という記載がなされる制度のことです。認定死亡により、失踪宣告を受けなくても死亡の法律上の効果が発生します。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら