相続用語解説

祭祀財産

祭祀財産とは、系譜(家系を書いた系図)、祭具(仏像、位牌その他礼拝や祭祀の用に供するために必要な用具で、仏壇、神棚及びこれに付属した用具一切)、墳墓(遺体や遺骨を葬ってある墓碑・埋棺・霊屋などの設備)のことです。
祭祀財産は、相続の対象とはならないとされており、祭祀承継者は①被相続人の指定がある場合には、その指定されたものが祭祀を承継し、②被相続人の指定がない場合には、慣習に従って承継者が決まり、③被相続人の指定もなく、慣習も明らかでない場合は、家庭裁判所の調停・審判で決められます。祭祀財産の承継は相続税の対象から除外されていて課税されません。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら