相続用語解説

財産管理契約

財産管理契約とは、任意代理契約とも呼ばれ、自分の財産管理や生活上の事務について他の人に具体的な管理内容を定めて代理権を与える契約です。財産管理契約は、自分の財産管理に他の人が関与する点で、成年後見制度と類似していますが、成年後見制度は精神上の障害による判断能力の減退があった場合にのみ利用できる点で異なります。
したがって、判断能力が低下する前から財産管理をしてもらいたい場合、死後の処理も依頼したい場合には有効な手段となります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら