相続用語解説

死因贈与契約

死因贈与契約とは、贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与契約であり、被相続人の一方的な意思表示によって行われる遺贈とは異なります。しかし、死因贈与は死後の財産処分に関して遺贈と共通する点があることから死因贈与の効果については、遺贈の効力に関する規定が準用されます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら