相続用語解説

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、全文、日付、氏名を自分で書いて作成する遺言書です。簡単で費用もかかりませんが、紛失・改竄のおそれがあり、形式的な不備による遺言が無効になりやすいものです。たとえば、日付の記入がないものや「平成○年△月吉日」のように、日付の特定が出来ない場合は無効となります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら