相続用語解説

失踪宣告

失踪宣告とは、ある人が一定期間生死が不明となっている場合に家庭裁判所に失踪宣告の審判を申立て、審判で認容されたときに死亡したものとみなして、財産関係や身分関係につき死亡の効果を発生させる制度です。失踪には普通失踪と特別失踪(危難失踪)の2種類があり、普通失踪の場合には不在者の生死が7年間明らかではないとき家庭裁判所は利害関係人の請求により失踪の宣告ができます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら