相続用語解説

熟慮期間

熟慮期間とは、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から、3ヶ月以内に相続の承認又は放棄をしなければならず、この期間のことをいいます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら