相続用語解説

推定相続人

推定相続人とは、相続が開始すると、相続人となるはずの者のことです。配偶者は常に推定相続人であり、直系卑属・直系尊属・兄弟姉妹のうち最優先順位にいる相続人も推定相続人になります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら