相続用語解説

相続回復請求権

相続回復請求権とは、真正相続人が表見相続人に対して相続権の権利を確認し、合わせて相続財産を返せと請求することをいいます。相続回復請求権は、真正相続人又はその代理人が、表見相続人が相続権を侵害していることを知った時から5年で消滅します。また、これを知らなくても、相続の開始があった時から20年間行使しないと消滅します。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら