相続用語解説

相続欠格

相続欠格とは、法定相続人が相続に関して不正な行為をした場合に、法律上当然に相続人の資格を失わせることをいいます。欠格事由としては、①被相続人あるいは相続について先順位・同順位の相続人を殺し、又は殺そうとして、刑に処せられた者。②詐欺又は強迫によって、被相続人の遺言を妨げ又は遺言をさせた者。③被相続人の遺言書を偽造・変造・破棄・隠匿したりした者。があります。欠格者は同時に受遺者としての資格も失うので、遺贈を受けることもできなくなります。なお、相続欠格者は代襲原因にあたるので、欠格者の子は代襲相続することができます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら