相続用語解説

相続財産法人

相続財産法人とは、相続人があることが戸籍上明らかではないときに相続財産を法人とすることです。相続債権者又は受遺者は、相続人がいない場合は利害関係人として家庭裁判所に対して相続財産法人につき相続財産管理人の選任を請求することができます。これを受けて家庭裁判所は、相続財産管理人を選任し公告して、相続財産管理人は、一定の期間内に相続人を捜索した上で、相続人のあることが明らかにならなかったときは、相続債権者に対し、債権申出催告の公告をし、相続債権者等に対して弁済することになります。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら