相続用語解説

相続時精算課税制度

相続税精算課税制度とは、生前贈与の円滑化を図り、早い時期に次世代に資産を移してその資産の有効活用により経済の活性化を図る観点から、平成15年度の税制改正で創設された贈与税と相続税を一体とした納税制度です。
65歳以上の親から20歳以上の子に対する生前の贈与に対して2500万円までは課税されず、2500万円を超える贈与については一律で20%の贈与税が課され、相続時にそれまでの贈与財産と相続財産を合算して計算した税額から、既に支払った贈与税額を差し引いた額の税額を納めるという制度です。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら