相続用語解説

相続人の不存在

相続人不存在とは、相続人がいるかどうかわからない状態のことです。相続人の不存在の場合には、相続財産を一時相続財産法人とし、家庭裁判所で選任した管理人が相続債権者及び受遺者に対して弁済手続きを行います。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら