相続用語解説

相続人の譲渡

相続人の譲渡とは、相続人が自分の持分を遺産分割の前に他の相続人又は第三者に譲渡することです。相続人を譲渡すると、相続人としての地位を失い、債務については債権者の関係では、譲渡後も譲渡人は譲受人と並んで連帯して責任を負うことになります。相続人の譲渡は、口頭でもできますが、相続登記などに必要になってくることから書面にしておくのが一般的です。また、相続人譲渡の通知を、内容証明郵便で他の共同相続人全員にしなければなりません。
なお、相続人が第三者に譲渡された場合に、他の共同相続人は譲受人に対して相続分の価額及び譲渡費用を支払って取り戻すことができます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら