相続用語解説

相続廃除

相続廃除とは、遺留分のある推定相続人が被相続人に対して虐待・侮辱をし、または著しい非行があった場合に、被相続人が家庭裁判所に請求して、審判又は調停によって推定相続人の相続権を失わせる制度です。遺言による廃除も遺言執行者による請求でできます。また、被相続人はいつでも廃除の取り消しを請求することができます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら