相続用語解説

代襲相続

代襲相続とは、相続開始時において、本来相続人となるべき者が死亡又はその他の理由(相続欠格、廃除)により相続権を失ったときに、当該相続人(被代襲者)の相続人が、被代襲者に代わって財産を相続することをいいます。ただし、相続人が相続放棄によって相続権を失った場合は、代襲相続することはできません。例えば、父親Aが亡くなった時に、本来相続人となるべき子供Bが既に死亡しており、Bの子供Cがいる場合、CはBに代わってAの財産を取得します。代襲相続できるものは被相続人の直系卑属(兄弟姉妹の場合は傍系卑属)に限られます。

相続用語一覧に戻る

関連用語

無料相談はこちら